メルセデスベンツコネクション、東京大阪を合わせ550万人が来場

自動車 ビジネス 国内マーケット
メルセデスベンツ Vision Tokyo
  • メルセデスベンツ Vision Tokyo
  • メルセデスベンツコネクション
  • メルセデスベンツコネクション
  • メルセデスベンツコネクション
  • メルセデスベンツコネクション
  • メルセデスベンツコネクション
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスベンツコネクション
メルセデス・ベンツ日本は、2009年より積極的に行っている新規顧客との接点作りについて、2017年も継続的に取り組んでいくとし、その代表格であるメルセデスベンツコネクションには、東京と大阪合わせて累計約550万人以上が来場。試乗も5万件を超えたという。

2016年、東京のメルセデスベンツコネクションの隣接地にブランド体験施設メルセデスベンツコネクションネクストドアをオープン。3か月ごとにそのテーマを変えてイベント開催。「夏場にはサッポロビールとコラボし、自動車会社としてはユニークなビアテラスや、年末のクリスマスシーズンには、世界最大のクリスマスリースで話題になった」と説明するのは、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。

大阪のメルセデスベンツコネクションは、2016年10月より「“フューチャーメルセデス”と題し、コンセプトカー、メルセデスベンツ『Vision Tokyo』をあえて大阪に展示し、最新のVR機器を用いた未来感あふれるイベントを展開してきた」と述べる。

このコネクションはクルマを売らないショールームとして運営しているが、「お客様との接点、関わりを通じ、販売のヒントになるような気づきも多数あった」という。そこで、東京のコネクションでは、「お客様の声や我々の経験をもとに“Next Stage”というコンセプトを掲げ、よりくつろげる空間、よりカーライフを豊かにする空間、そしてよりメルセデスを深く体験できる空間を目指し1月13日にリニューアルオープンした」と話す。

また、隣接のネクストドアでは、「今年も数ヶ月ごとに昨年同様ユニークなイベントを開催していく予定だ」と上野氏。現在は第4弾としスカイトライアルパークを開催中だ。「実演や試乗を通じてよりブランドを知ってもらうためのプログラムだ。メルセデスの自動パーキング機能やスマートの最小回転半径を体験してもらえる他、昨年話題となった特製ラーメンの新作も登場している。2月5日までの期間限定だ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース