日野、通期営業利益予想を690億円に上方修正 

自動車 ビジネス 企業動向
梶川専務 《撮影 池原照雄》
  • 梶川専務 《撮影 池原照雄》
日野自動車は1月31日、2017年3月期の第3四半期累計(4~12月期)連結決算を発表するとともに、通期の業績予想を上方修正した。営業利益は従来予想から90億円増額の690億円(前期比30%減)とした。

4~12月期は国内の堅調などによりグローバル販売は前年同期比2%増の12万6976台と、この期では過去最高となった。だが円高の影響が大きく営業利益は37.9%減の505億円と、2年ぶりの減益になった。純利益は37.0%減の352億円。国内販売は6%増の4万5708台だった。

通期予想では1~3月期の前提為替レートを1ドル110円と、下期の前提より10円円安方向に見直し、減益幅が縮小する。為替変動による通期営業利益の減益は310億円としている。純利益は従来比で70億円上方修正の480億円(前期比26%減)に見直した。

記者会見した梶川宏取締役専務役員は「販売などは計画にオンラインで推移している。通期は為替の影響を除いた部分で何とか増益を確保したい」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 日野、海外市場低迷で営業益37.9%減 第3四半期決算 画像 日野、海外市場低迷で営業益37.9%減 第3四半期決算
  • 日野自動車の国内販売、3.5%増の6万3309台で7年連続プラス 2016年 画像 日野自動車の国内販売、3.5%増の6万3309台で7年連続プラス 2016年
  • 「大型・大型特殊・大型二種・牽引教習車」体験試乗会に参加してきました…バス&トレーラー 画像 「大型・大型特殊・大型二種・牽引教習車」体験試乗会に参加してきました…バス&トレーラー
  • 富士通テン、営業利益が前年同期4.9倍の55億円 2016年中間決算 画像 富士通テン、営業利益が前年同期4.9倍の55億円 2016年中間決算

特集