大和自動車交通と東京無線協同組合がスマホアプリの相互利用で合意

自動車 ビジネス 企業動向
スマートフォンで、東京無線のタクシーを呼べるサービス
  • スマートフォンで、東京無線のタクシーを呼べるサービス
大和自動車交通と東京無線協同組合は、4月1日からタクシーチケットの統合と無線配車用スマートフォンアプリの相互利用サービスを開始すると発表した。

大和自動車交通グループは2478台、東京無線協同組合は4426台で、両グループの連携で6904台規模となる。

今回の協働によるチケット統合と無線配車用スマートフォンアプリの相互利用を開始することは、公共輸送機関としてこれまで以上に、利用者に貢献できると確信し、スケールメリットを活かして「いつでも」、「どこでも」、「どなたにも」選ばれるタクシーを目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • EVのバス・タクシー・トラック導入を支援する事業者6件を決定 画像 EVのバス・タクシー・トラック導入を支援する事業者6件を決定
  • 【トヨタ次世代タクシー】日本らしいタクシーというのはどのようなものか 画像 【トヨタ次世代タクシー】日本らしいタクシーというのはどのようなものか
  • 東京23区など、タクシー初乗り運賃を410円に引き下げ…1月30日より 画像 東京23区など、タクシー初乗り運賃を410円に引き下げ…1月30日より
  • トランプ政権下のビジネスは「縁故資本主義」? 次期大統領のTwitter攻撃にメーカーも戦々恐々 画像 トランプ政権下のビジネスは「縁故資本主義」? 次期大統領のTwitter攻撃にメーカーも戦々恐々