ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

航空 企業動向
全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。

機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

100万人目となったのは埼玉県坂戸市立三芳野小学校の児童・先生の53人。当日は機体工場で記念セレモニーを開催し、花束と記念品として学校に贈られるANAのモデルプレーンの目録を贈呈した。

ANAの機体工場見学では、ANAが運航する飛行機とその整備についての説明や、飛行機の整備に関する動画を視聴してもらった後、実際に整備作業中の飛行機を見学する。現在、月曜日から金曜日の毎日4回実施している。

ANAでは、今後も「機体工場見学」を通じて社会への貢献に努めるとともに、ANAの飛行機の安全の取り組みの現場を紹介する機会を提供する。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース