JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

宇宙 企業動向
ISS「きぼう」日本実験棟
  • ISS「きぼう」日本実験棟
宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立極地研究所、早稲田大学は、国際宇宙ステーション「きぼう」に搭載した高エネルギー電子・ガンマ線観測装置(CALET)で電子の集中豪雨を観測したと発表した。

CALETの観測データによって、ISSが夕方から夜にかけて磁気緯度の高い地域を通過する際、数分間にわたって大量の放射線電子が降り注ぐ「電子の集中豪雨」がISSでも起こっていることを初めて明らかにした。その準周期的な強弱の現れ方などから、電磁イオンサイクロトロン波と呼ばれる「オーロラのさざ波」を感じて、大気に落とされたバンアレン帯の電子だと考えられるとしている。

電子の集中豪雨は人工衛星の帯電による障害や、中層大気のオゾン破壊の原因となるため、今後、宇宙天気予報の研究や大気化学の研究に役立つことが見込まれる。

今回の研究成果は、Geophysical Research Lettersにオンライン掲載された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功 画像 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功
  • シグナス補給船運用5号機、ISSに無事に結合…超小型衛星などを輸送 画像 シグナス補給船運用5号機、ISSに無事に結合…超小型衛星などを輸送
  • 大西宇宙飛行士が記者会見…「スキルアップと家族との時間を大切に、万全の状態で臨む」 画像 大西宇宙飛行士が記者会見…「スキルアップと家族との時間を大切に、万全の状態で臨む」

特集