キリンとワオキツネザルの赤ちゃん誕生、こども動物自然公園…名前投票も

 埼玉県のこども動物自然公園に4月9日、キリンとワオキツネザルの赤ちゃんが1頭ずつ誕生した。キリンの赤ちゃんは4月23日から一般公開をスタートする。5月7日から15日までは、赤ちゃんの名前投票も行われる。

エンターテインメント イベント
キリンの赤ちゃん (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • キリンの赤ちゃん (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • ワオキツネザルの母親と赤ちゃん (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • キリンの母親と赤ちゃん (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • キリンの父親「フジマル」 (c) 埼玉県こども動物自然公園
  • キリンの母親「リン」 (c) 埼玉県こども動物自然公園
 埼玉県のこども動物自然公園に4月9日、キリンとワオキツネザルの赤ちゃんが1頭ずつ誕生した。キリンの赤ちゃんは4月23日から一般公開をスタートする。5月7日から15日までは、赤ちゃんの名前投票も行われる。

 キリンは、父親フジマル(10歳)と母親リン(12歳)との間に4月9日に誕生したメスの赤ちゃん。順調に成長しており、現在はバックヤードで飼育されているが、4月23日からは一般公開を開始する。こども動物自然公園では、この赤ちゃんを含め、5頭のキリンを飼育している。

 キリンの赤ちゃんの名前投票は、5月7日から15日まで、キリン舎南パドック前に応募箱を設置する。名前は、こども動物自然公園が用意した5つの候補が用意され、投票者はいずれかひとつを選んで投票する。結果、一番多くの票を集めた名前がキリンの赤ちゃんに名づけられる。5月29日には「名づけ親認定式」も行われる予定で、決定した名前に投票した人の中から抽選で5人を招待し、記念品や認定書も贈呈される。

 キリンの赤ちゃんと同日に生まれたワオキツネザルの赤ちゃんは、父親サラ(6歳)と母親レニー(8歳)との間に4月9日に誕生した。性別は不明。こども動物自然公園によると、母親のレニーに抱かれるかわいらしい姿が来園者に好評だという。こども動物自然公園では、この赤ちゃんを含めて、6頭のワオキツネザルを飼育している。

◆埼玉県こども動物自然公園
開園時間:9:30~17:00(4月29日~5月1日、5月3日~5日・7日・8日は9:00~17:30)
※入園は閉園の1時間前まで
休園日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開園)
※4月25日、5月2日・16日・23日・30日は開園
入園料:高校生以上510円(団体410円)、小・中学生210円(団体170円)
※未就学児・障害者手帳をお持ちの方は無料

【キリンの赤ちゃん名前投票】
期間:5月7日(土)~15日(日)
場所:キリン舎南パドック前
名づけ親認定式:5月29日(日)
《奥山直美》

編集部おすすめのニュース