札幌市電、ループ化後の環状便終発は22時台に…軌道敷には横断防止柵を設置

鉄道 行政
すすきの方面へ向かう札幌市電新線外回り線の訓練車。サイドリザベーションとなるため、車道を走る車や自転車に対処するためのバックミラーが右側にも設置された。
  • すすきの方面へ向かう札幌市電新線外回り線の訓練車。サイドリザベーションとなるため、車道を走る車や自転車に対処するためのバックミラーが右側にも設置された。
札幌市交通局は11月30日、札幌市電新線(西4丁目~すすきの間0.4km)が開業する12月20日からのダイヤの概要や安全対策を発表した。

環状運行については、すすきの方面の外回りが、すすきの停留場基準で始発6時33分・終発22時30分、西4丁目方面の内回りが、西4丁目停留場基準で始発6時35分・終発22時23分となる。始終着時刻は平日・土休日とも同じで、始発は中央図書館前発となる。

また、歩道寄りを走る新線のサイドリザベーション区間では、車、自転車、歩行者の軌道敷内への立入りを禁止するほか、安全対策のため軌道敷にカラー舗装や横断防止柵を整備。試験運行で実施している警備員の配置も当面継続する。車両には並走する車や自転車に対処するため、試験運行の段階から右側にもバックミラーが取り付けられている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 札幌市電ループ化で乗継指定駅の変更など実施へ…行先表示に「内回り」「外回り」 画像 札幌市電ループ化で乗継指定駅の変更など実施へ…行先表示に「内回り」「外回り」
  • 札幌市電ループ化記念の乗車ツアー開催…12月23日 画像 札幌市電ループ化記念の乗車ツアー開催…12月23日
  • 札幌市電ループ化、12月20日に開業…40年ぶり駅前通走る 画像 札幌市電ループ化、12月20日に開業…40年ぶり駅前通走る
  • 札幌市電ループ化、11月11日から訓練運転開始…12月中に開業へ 画像 札幌市電ループ化、11月11日から訓練運転開始…12月中に開業へ

特集

おすすめのニュース