鹿島など、ドローン測量で3次元図面の作成を短時間化

航空 企業動向
ドローン操縦・撮影の様子
  • ドローン操縦・撮影の様子
  • 3次元データ図面(イメージ)
鹿島は、3次元図面製作を手掛けるリカノスと共同で、ドローンによる写真測量を利用して高精度な3次元図面を短時間で作成し、土量管理、工事の進捗管理に利用するシステムを開発した。

開発したシステムでは、空撮からデータ処理まで一連の作業で、ドローンやカメラなど、機器の選定、作業方法や使用ソフトの最適化を図ることで高精度な空撮測量を実現する。

鹿島とリカノスでは、システムを大規模造成工事に適用したところ、誤差プラス・マイナス6cm以下まで精度を向上、測定時間や費用を大幅に削減できることを確認、土量計算など工事の進捗管理に迅速に利用できるシステムとして完成させた。

システムを導入した造成現場では、約2ヘクタールの範囲の空撮に要する時間は10分程度で、写真を合成し3次元図面を作成するまでの所要時間が約4~5時間。

また、同システムと地上3Dレーザー測量、光波測量で、2ヘクタールの敷地を対象とした所要時間と概算費用を比較した。この結果、システムによる測量は光波測量、地上3Dレーザー測量と比較して、所要時間、測定にかかる人数を大幅に削減でき、費用も光波測量の5分の1以下となることが明らかになった。

鹿島では、システムを造成現場やダム現場などにも適用し、土量管理や出来形計測に積極的に活用していく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集