Ola、オートバイタクシーでオンライン集客マーケットに参入…インド

エマージング・マーケット インド・南アジア

Olaは、オートバイタクシー事業を新設する準備をしているとエコノミックタイムズは伝えている。

同社が近年手掛けているタクシー予約を中心とした事業の一連で、インド国内の巨大なオンライン集客マーケットを定着させようとしている。

また法律が未だ整備されていない事業分野でもあり、規制という分厚い壁にぶち当たりながらも、携帯アプリを利用した共同乗車カーサービスやシャトルバスサービス、オートバイタクシー事業の設立を進めている。

Olaはすでにオートリキシャーの集客サービスを開設しており、現在インド国内の100都市あまりで約25万台のタクシーを運営管理している。

それに加え6万5千台のオートリキシャ―と黒色タクシーの運営も手がけ、今年末までに総収益10億米ドル(約650億ルピー)を想定している。
編集部

編集部おすすめのニュース