滑舌が大幅アップ、次世代VOCALOIDソフト「初音ミク V4X」

エンターテインメント 話題
「初音ミク」「鏡音リン・レン」の新バージョン“V4X”発表!大幅な滑舌のクオリティアップと音響バランスを実現
  • 「初音ミク」「鏡音リン・レン」の新バージョン“V4X”発表!大幅な滑舌のクオリティアップと音響バランスを実現
  • 「初音ミク」「鏡音リン・レン」の新バージョン“V4X”発表!大幅な滑舌のクオリティアップと音響バランスを実現
初音ミクを始めとするVOCALOIDを提供するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社がこの度「初音ミク V4X」と「鏡音リン・レン V4X」の新たなバージョンの発売を告知しています。

発表によれば「初音ミク V4X」と「鏡音リン・レン V4X」はそれぞれ、オリジナルとなる「初音ミク」と「鏡音リン・レン」をベースに音響解析および再編集処理を施したものになり、大幅な滑舌のクオリティアップと音響バランスを実現した次世代のVOCALOIDソフトになるそうです。

今回のニューバージョンを制作するにあたり、「初音ミク」と「鏡音リン・レン」の声優である藤田咲さん、下田麻美さん両名の音声を徹底的に解析。これによりノイズ軽減や発音の明瞭さ、発声のさいのスピードバランスや音抜けが向上しているそうです。また、「E.V.E.C.(イーベック)機能」を搭載し、今まで難しいとされてきた音声コントロールをフレーズごとに自由に編集したり、歌の出だしを強くするといった変更や、細やかな吐息の表現が可能になったことで歌の一部分をウィスパーボイスに変更するといった、よりリアルな歌唱力が期待できます。

その他にも「V4X」からは激しく声を震わせ、うなるような声やガナリ声を聞かせる「グロウル機能」や、2つの異なるライブラリーをブレンドし、音色を作り出す「クロスシンセシス機能」から、ピッチやビブラートの掛かり具合をグラフで確認しながら編集できる「ピッチレンダリング機能」、VOCALOIDエンジンが作り出す自然なピッチのオン/オフを可能にする「ピッチスナップモード」が追加されます。

価格はそれぞれ未定。発売日の詳細は「初音ミク V4X」が2016年上半期を予定しており、「鏡音リン・レン V4X」は2015年12月頃を予定しています。両ソフトともに前シリーズとなる「初音ミク V3」と「VOCALOID2 鏡音リン・レン」を購入済みのユーザーは優待販売を受けられます。

「初音ミク」「鏡音リン・レン」の新バージョン“V4X”発表!大幅な滑舌のクオリティアップと音響バランスを実現

《scarecrow@INSIDE》

編集部おすすめのニュース