プレス工業の第1四半期決算…国内トラック用部品好調で営業益6.5%増

自動車 ビジネス 企業動向
プレス工業は8月6日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高525億円(前年同期比+13.2%)、営業利益は24億3100万円(+6.5%)、経常利益は23億9500万円(+12.6%)、四半期純利益は13億4000万円(-0.2%)だった。

自動車関連事業については、国内の普通トラック・小型トラック用部品が好調だったほか、普通トラックの輸出も、完成車・ノックダウン共に前年同期に比べ増加。また海外も米国やタイでピックアップトラックの需要が堅調に推移した。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 昭和シェル中間決算…最終利益35.7%減、太陽電池事業が不振 画像 昭和シェル中間決算…最終利益35.7%減、太陽電池事業が不振
  • 住友ゴム中間決算…国内向けタイヤ不振で営業利益16.6%減増 画像 住友ゴム中間決算…国内向けタイヤ不振で営業利益16.6%減増
  • 村上開明堂の第1四半期決算…海外バックミラー販売好調で営業益48.5%増 画像 村上開明堂の第1四半期決算…海外バックミラー販売好調で営業益48.5%増
  • 極東開発工業の第1四半期決算、特装車事業好調で増収増益 画像 極東開発工業の第1四半期決算、特装車事業好調で増収増益

特集