三菱重工、松阪市と工場立地協定…MRJの尾翼量産体制を確立

航空 企業動向

三菱MRJ(資料画像)
  • 三菱MRJ(資料画像)
三菱重工業は、松阪工場(三重県松阪市)での航空機部品の生産に向けて松阪市と工場立地協定を締結したと発表した。

同時に、松阪工場内での事業展開を計画している航空機部品生産協同組合と松坂市も工場立地協定を締結した。

今回の協定締結で、松阪工場で民間航空機向け小物部品の一貫生産体制と、次世代リージョナルジェット機「MRJ」の尾翼を量産に向けた枠組みが整うことになる。

協定を受けて三菱重工は、同組合の松阪工場内建屋の利用に協力する。民間航空機の小物部品について切削やプレスなどの加工から表面処理・塗装までの全プロセスで、高効率、コスト競争力のある部品を生産する仕組みを構築する。三菱重工では、生産立上げ時に必要となる各種認証の取得などを全面的に支援する。

同組合では、ボーイングの旅客機やMRJなどの民間航空機部品向け中小物部品を一貫生産する「スマート・クラスター」の実現を目指す。このため、自動車産業の効率的な部品作りの手法なども採用する。今後、参画各社が準備を進め、2016年後半に本格稼働する計画。

三菱重工は、松阪工場をMRJ量産拠点の一つとして位置づけており、水平・垂直尾翼の量産組立を行う。操業開始は2016年度の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集