佐川急便“スマホへサイン”で荷物を受領…配達完了通知も迅速

自動車 ビジネス 企業動向
サービス画面イメージ
  • サービス画面イメージ
  • サービスの利用の流れ
 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ のトランクに アマゾンの商品が届く…DHL が配達、独でテスト導入 画像 アウディ のトランクに アマゾンの商品が届く…DHL が配達、独でテスト導入
  • エアアジア、預け荷物セルフチェックイン導入…マレーシア国内初 画像 エアアジア、預け荷物セルフチェックイン導入…マレーシア国内初
  • LINE、「フード即時配達」「買い物代行」の新サービスを開始 画像 LINE、「フード即時配達」「買い物代行」の新サービスを開始
  • ヤマト運輸、日本発台湾向けの「国際クール宅急便」の取扱いを開始へ 画像 ヤマト運輸、日本発台湾向けの「国際クール宅急便」の取扱いを開始へ

特集