【ジュネーブモーターショー15】ジープ レネゲード に新コンセプト…トレーラーに巨大モニター

自動車 ニューモデル 新型車
ジープ レネゲードのハードスチール
  • ジープ レネゲードのハードスチール
  • ジープ レネゲードのハードスチール
  • ジープ レネゲードのハードスチール
  • ジープ レネゲードのハードスチール
米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)のジープブランドは3月3日(日本時間3月3日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー15において、ジープ『レネゲード』の「ハードスチール」を初公開する。

レネゲードは2014年春、ジュネーブモーターショー14において、全く新しいSUVとしてデビュー。ジープブランドが初めて、小型SUV市場に参入するために開発。車台には、フィアットと共同開発した、「スモール-ワイド4×4アーキテクチャー」を使う。

コンパクトボディでありながら、7スロットグリルに丸型ヘッドライトを組み合わせた表情は、ジープのアイデンティティ。レネゲードは、グローバル市場へ投入されるため、合計で16種類ものパワートレインを設定。トランスミッションには、クラス唯一の9速ATが用意される。もちろん、ジープの名に恥じないオフロード性能を支えるために、優れた4WDシステムを搭載している。

ジュネーブモーターショー15で初公開されるレネゲードのハードスチールは、レネゲードの「トレイルホーク」グレードをベースにしたコンセプトカー。「オフロード・バケーション」がテーマ。後部に牽引用のトレーラーが付属し、レネゲードと同イメージのリアデザインが与えられた。巨大なモニターを搭載しているのがユニーク。

外観は、ブラッシュドスチールに、ブラックのアクセントを採用。インテリアは専用レザーによる上質な仕上げとした。なお、装着されたパーツ類は、純正オプションの「MOPAR」ブランドから将来、発売される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集