ナイキ、春に向け軽量アイテム投入

エンターテインメント 話題

ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
  • ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
  • ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
  • ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
  • ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
  • ナイキ、春に向け軽量アイテム投入
ナイキ テックパック コレクションからアスリートが暖かくなる季節に着用できるナイキ テック エアロシールドを採用した、軽量アイテムが登場する。

2013年の秋に発売されて以来、ナイキ テックパック コレクションはイノベーションを一つの柱として、スポーツとスタイルの融合を模索してきた。当初、寒い時期を想定して開発されたナイキ テックフリースは、クラシックなスポーツのユニフォームと製法を組み合わせ、暖かく軽量なイベーションアパレルを確立した。

そして、ナイキ テックパック コレクション第2弾では、夏の暑さを考慮した、軽量で通気性の高いナイキ テックハイパーフューズ製法を採用したプロダクトとした。

2015年春、 ナイキ テックパック コレクションからアスリートが暖かくなる季節に着用できる超軽量のアイテムが再び登場する。ジャケットの多くは、暖かくなる季節に着用すると、不快になるシーンもある。ナイキ テックパック コレクションの最新イノベーション、ナイキ テック エアロシールドテクノロジー は、内側にフロック加工されたドットパターンが衣服と肌の間の隙間を最大化するという。

ナイキ テック エアロシールドのレーザーで開けられた通気孔と、フロック加工が空気の循環を高め、着用者の体を涼しく快適に保つ。衣服のアウターシェルには高デニールの布帛ナイロンを採用することで、従来のナイロン地の軽量性、快適性、通気性を向上させることが可能となった。
《礒崎遼太郎@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品