6万件のブログを解析してわかった「新年の誓い」の時代による違い

エンターテインメント 話題

「新年の目標」に関するキーワード
  • 「新年の目標」に関するキーワード
  • 「新年の目標」言及数
 サイバーエージェントは27日、Ameba、FC2ブログ、Yahoo!ブログなどの主要ブログサービスに投稿されたブログ記事に対し、「2015年・新年の目標」について分析した結果を発表した。

 この調査は、1月1日~14日の期間中に投稿された、「今年の目標」または「新年の目標」のいずれかのキーワードが含まれる、合計62,497件のブログデータを分析したもの。同時に、5年前である2010年1月1日~14日に投稿されたブログ記事内容も収集し、比較している。

 2015年の年始に投稿された記事を分析すると、「目標の対象」と考えられる言葉は、2010年、2015年ともに「仕事」「勉強」がトップだった。それに続く言葉では、2010年は「英語」「英会話」「健康」「ダイエット」など、具体的なスキルや取り組み内容などの関連ワードが多かったのに対して、2015年は「人生(を楽しむ)」「人間(的に成長する)」など、精神面のありさまが上位に浮上した。「人生」は0.30%、「人間」は0.20%、(出現シェア率が増加している。また、2010年は「成功(させる)」や「目標達成」が上位に入っていたのに対して、2015年は「(決めた目標を)実現(させる)」「成長(する)」といった言葉で、決意が語られる傾向が見られた。

 この結果についてサイバーエージェントでは、「先々の見通しが年々立てづらくなっているなかで、より“自己実現”に興味関心がシフトしている可能性」があると指摘している。また、「意味」というワードが2010年と比較すると出現シェア率が大きく増加している点から「改めて自分自身を見つめなおし、人生や自分自身の本質的な“意味”や価値を考える人が増えている」とも指摘している。

 さらに、2015年の「新年の目標」に関して、そのブログデータの数(「新年の目標」または「今年の目標」言及数合計)の推移を調べると、大晦日の2014年12月31日より急増し、1月1日にピークを迎え、1日あたりの言及数は13,692件に上っていた。その後は下降するが、仕事始めなどとなる1月5日に再度ピークが見られたという。ちなみに、新年の最初の2週間での言及数が62,497件だったのに比べて、12月は、1か月間で合計7,384件と大きな差があった。

ブログから読み解いた「2015年・新年の目標」、キーワードは「人生」「人間」

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集