自撮り強化、高倍率ズーム、Wi-Fiシェア…“いま”のニーズに応えた新LUMIX

エンターテインメント 話題

パナソニックは、光学12倍ズーム(iAズーム24倍)レンズを搭載した小型で高倍率のコンパクトデジタルカメラ LUMIX DMC-SZ10を2月13日に発売する。

製品は広角24mmから光学12倍のズームレンズを搭載しているので、広角から望遠まで幅広いシーンで撮影できる。

また、180度回転できるチルト式モニターを採用し、自分撮り機能を搭載した。モニターを回転させると自動的に自分撮りモードに設定され、表情や構図を確認しながら撮影できる。人物の肌をなめらかにする、背景をぼかすなどの効果を加えて撮影する「ビューティー機能」により、効果的な自分撮りが楽しめる。

さらにWi-Fi機能搭載により、専用アプリ「Panasonic Image App」を使って、撮影した写真をスマートフォンに転送したりSNSに投稿したりできる。

Wi-Fiで写真をシェアできるパナソニックのカジュアルデジカメ 「LUMIX DMC-SZ10」

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集