日産自動車、テレワーク推進賞 優秀賞 を受賞…在宅勤務制度の活用推進

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車本社
  • 日産自動車本社
日産自動車は1月20日、日本テレワーク協会主催の「第15回テレワーク推進賞」において、「優秀賞」を受賞したと発表した。

テレワーク推進賞は、日本テレワーク協会が2000年から、企業・団体におけるテレワークの普及促進を目指し、テレワーク導入、活用または普及支援している企業・団体を表彰する制度。今年度は、「多様な個性が輝く社会を目指して」をテーマに実践事例の募集を行い、受賞企業が決定(優秀賞・会長特別賞1社、優秀賞6社、奨励賞12社)した。

日産自動車は、従来より制度化している一般型在宅勤務制度を2014年1月より、最大月5日(40時間)に取得可能と拡充し、現場それぞれの仕事の特性に合わせ活用推進を進めてきた。利用登録者は、在宅勤務対象者の14%にあたる2161人と、実施利用者も伸びており、今回の受賞は、その成果が評価されたもの。自動車メーカーという製造業の取組みは、今後、社会への影響も大きいと期待されている。

2月12日に開催される表彰式に出席する、日産自動車の志賀俊之副会長は「在宅勤務制度は、チームや組織全体の時間意識を高め、ワークライフマネジメントを向上させる施策の一つとして行っている。日産は、多様な人財の活躍推進を通じた組織力向上とビジネスにおける成果の最大化を目指し、ダイバーシティを企業戦略として強力に進めていく」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集