【デトロイトモーターショー15】アルファロメオ 4Cスパイダー…市販版がついに登場[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 市販版(デトロイトモーターショー15)
アルファロメオは1月12日、デトロイトモーターショー15にて市販版の『4Cスパイダー』を初公開した。

アルファロメオは2014年3月のジュネーブモーターショーで、4Cスパイダーの「デザインプレビュー」を出品。同車は、アルファロメオの新しい小型2シーターミッドシップスポーツカー、『4C』に加わるオープンバージョンを示唆したコンセプトカーだった。ルーフは、コンベンショナルなソフトトップ。これは、クーペで895kgという4Cの超軽量ボディに対する、オープン化に伴う重量増を抑えるための選択。アルファロメオによると、クーペの4Cからの重量増は、およそ60kgに抑えられるという。

4Cスパイダーも、クーペ同様、小型軽量なミッドシップスポーツカー。排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力237hp、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチ。0-96km/h加速は4.1秒の性能を備えている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集