初詣に向かう途中の高齢女性、はねられ死亡

自動車 社会 社会

1日午前0時50分ごろ、福岡県築上町内の県道で、徒歩で道路を横断していた91歳の女性に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡。警察はクルマの運転者から事情を聞いている。

福岡県警・豊前署によると、現場は築上町上別府付近で片側1車線の直線区間。横断歩道や信号機は設置されていない。91歳の女性は徒歩で道路を横断していたところ、交差進行してきた軽乗用車にはねられた。

女性は近くの病院へ収容されたが、全身強打に伴う外傷性ショックが原因でまもなく死亡。クルマに乗っていた4人にケガはなかった。警察は運転していた24歳の男性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

死亡した女性は自宅近くの神社へ初詣に向かう途中だったとみられる。聴取に対して男性は「他の横断者に気を取られた」などと供述しており、警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品