半島東海岸で豪雨による洪水が悪化、クランタンでは2万人が避難…マレーシア

マレーシアのクランタン、トレンガヌ州などで豪雨の影響を受けて洪水が続いており、クランタン州では避難民の数が2万人を超えた。過去10年間で最悪の状況となっている。

エマージング・マーケット 東南アジア
マレーシアのクランタン、トレンガヌ州などで豪雨の影響を受けて洪水が続いており、クランタン州では避難民の数が2万人を超えた。過去10年間で最悪の状況となっている。

21日夜の時点でクランタン州では、2万227人が70カ所の避難所に避難している。ランタウ・パンジャンのゴロ川の水位は、危険水位を超え10.35メートルとなっている。16日に起きた洪水では、クランタン州のタナ・メラ、トゥンパット、クアラ・クライ、コタバルで、4人が死亡した。一方でトレンガヌでは、53カ所の避難所に4,780人が避難している。

マレーシア当局は、ソーシャルメディアにおいてタイのナラティワート県にあるダムによる放水により洪水が発生したとの噂が流れているが、ダムは存在しておらず事実ではないと否定した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース