テナント150店中、40店舗が日本ブランド…ベトナム南部のイオンモール

エマージング・マーケット 東南アジア

【ベトナム】イオンがベトナム南部ビンズオン省に開発したショッピングセンター(SC)「イオンモールビンズオンキャナリー」が11月1日に開業する。イオンのベトナムのSCは2店目。

 ホーチミン市中心部の北約15キロに立地。地上3階、延床面積約7万平方メートルで、核店舗の総合スーパー「イオンビンズオンキャナリー店」と、韓国で人気の体験型キッズアミューズメント施設「プレイタイム」、ベトナム初出店のフィットネスクラブ「ルネサンス」、タイスキの「MKレストラン」など専門店約150店が入居する。日系テナントは40店で、最先端のファッション、雑貨からB級グルメまで衣食住の全てを日系ブランドで構成する「ジャパンゾーン」を展開する。

イオンモールのベトナム2号店、ホーチミン市郊外で11月開業

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集