プリペイド携帯が支持されるタイならでは…チャージ機製造大手が上場

エマージング・マーケット 東南アジア

フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
  • フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
  • フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
  • フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
  • フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
  • フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開
【タイ】EMS(電子機器受託製造)などを手がけるタイのフォース・コーポレーションの子会社で、携帯電話のプリペイドカードなどのチャージ用キオスクを製造・運営するフォース・スマート・サービスが14日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

 銘柄コードは「FSMART」。公開価格2・5バーツ、初日終値は5・1バーツだった。

 新規株式公開(IPO)で調達した5億バーツは事業拡張、運転資金に充てる。

 同社のトップアップ用キオスクは6月末で、コンビニ、バンコク高架電車BTS駅などに約3・7万台。2013年の売上高8億315万バーツ、最終利益8727万バーツ。従業員約150人。

フォース・スマートがタイ2部上場、携帯電話チャージのキオスク展開

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集