タイ首相、二度目の外遊…ミラノ目指すも軍事クーデターへの非難確実

エマージング・マーケット 東南アジア

プラユット首相
  • プラユット首相
【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は15日、ミラノで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席するため、イタリアに向け出発した。帰国は18日の予定。

 プラユット首相は陸軍司令官だった今年5月、タクシン元首相派の政府と野党民主党など反タクシン派の抗争を理由に、軍事クーデターで政権を奪取した。欧米諸国はこれを強く非難し、民政への速やかな復帰を要求、タイと高官レベルの公的な交流を停止した。

 プラユット首相は今月9、10日にミャンマーを訪問しており、外遊は2度目。最近まで軍政が続いたミャンマーではリラックスした表情をみせたが、ミラノでは欧州各国首脳と顔を合わせることになり、気まずい事態も予想される。

タイ軍政首相、ASEM首脳会議でイタリアへ

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集