「オリオン座流星群」、関東地方は観測できる可能性高い…10月21日

宇宙 エンタメ・イベント

ウェザーニューズ、オリオン座流星群について予報
  • ウェザーニューズ、オリオン座流星群について予報
  • ウェザーニューズ、オリオン座流星群について予報
ウェザーニューズは、秋を代表する天体イベント「オリオン座流星群」の観測を楽しんでもらうため、観測ピークを迎える10月21日夜の日本全国の天気傾向を発表した。

予想によると、10月21日夜~22日朝にかけて低気圧や前線が通過するため、雲が広がる地域が多い予想だが、関東は強い南寄りの風によって晴れやすい条件となるため、流星を観測できる可能性が高いとしている。

その他の地域は、前線の影響で雲の隙間を狙っての流星観測となる見通し。特に、前線に近い中国地方や北陸地方といった日本海側の一部は厚い雲に覆われ、流星観測が難しい可能性が高いものの、前線が通過するタイミングで、風が強まる可能性がある。

同社では10月21日夜、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を組み、全国7カ所から流星の同時中継する予定。中継映像で流れた流星の様子を、3分以内にスマホへお知らせするサービス「流星キャッチャー」の登録受付も開始した。

同社では今後も、気象面のサポートに加え、天体観測に役立つきめ細かい情報を提供していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース