バンコクの空港で、タイヤ盗難被害続発…運営企業が全額補償へ

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】格安航空のエアアジア、ノックエアなどが拠点とするバンコク北郊のドンムアン空港で、駐車中の車のタイヤが盗まれる事件が続発した。

 最初に被害に遭ったのはテレビキャスターのタイ人男性。5日朝、自家用車の「ホンダ・アコード」を空港内に駐車し、国内線で地方に飛び、6日朝、戻ったところ、タイヤが4本とも盗まれていた。駐車してあったのは正規の駐車場ではない場所で、近くの防犯カメラは2011年の洪水でドンムアン空港が水没して以来、故障したままだった。

 次の被害者はエアアジアの客室乗務員のタイ人女性。11日朝、駐車場ビル6階に駐車した「ホンダ・アコード」のタイヤ4本が盗まれているのがみつかった。盗難が起きたのは有料駐車場で、ドンムアン空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は被害を全額補償する方針だ。

バンコクのドンムアン空港、駐車場でタイヤ泥棒続発

《newsclip》

特集