バイオハザード、映画完結編延期の裏で、TVシリーズ化検討か

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

バイオハザード(イメージ)
  • バイオハザード(イメージ)
米国のエンターテイメント専門誌「Veriety」は12日、「バイオハザード」(Resident Evil)を原作にしたテレビドラマシリーズが計画中であると報じました。

これはドイツの映像制作会社コンスタンティン・フィルムのMartin Moszkowicz会長が明らかにしたもので、「バイオハザード」は映画の次回作に続いて制作する計画だとのこと。

映画の最新作は「Resident Evil: The Final Chapter」。世界的なヒット作となっているシリーズの6作目に当たる本作は、引き続きミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務め、南アフリカのケープタウンで今夏、撮影が予定されていましたが、彼女の妊娠が発覚し、撮影が延期された状態。タイトルからも分かる通り、映画シリーズの最終章となる予定。

「バイオハザード」のテレビドラマ化が検討中か、米誌報道

《土本学@INSIDE》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集