医療機器等にまだ多い、RS-232C機器をWi-Fi環境で使えるルーター

エンターテインメント 話題

「CG-SCWL201」外観
  • 「CG-SCWL201」外観
  • 「CG-SCWL201」外観
 コレガは10日、RS-232Cインターフェイスを搭載したさまざまな機器を無線ネットワークで利用できる、無線LANシリアルデバイスサーバ「CG-SCWL201」を発表した。10月中旬より販売を開始する。

 ラベルプリンタ、計測器、産業用ディスプレイ、医療機器などのRS-232C機器を、複数人で共有したり、離れた場所に設置して利用したりすることが可能となる。無線LAN、有線LANの両方に対応するほか、高度なセキュリティを搭載。WEP、WPA、WPA2やIEEE 802.1x認証が利用できる。外部機器との接続は921.6kbpsの高速シリアル通信が可能。

 また、無償提供のアプリケーションソフトウェア「CG Device Link for Serial」を利用することで、シリアルデバイスサーバに接続したネットワーク上の任意のRS-232C機器を、パソコンからリモートでシリアル接続できるようになる。

 未使用ポートを自動判別し消費電力を制限する「Serial Port Emulation Mode」、2種類のRS-232C機器間をLANケーブルでの接続に変換して距離を自由に伸ばす「eCable Mode」、TCP/IP通信上でシリアルポートのデータを透過的に送受信する「Raw TCP Connection Mode」、同じシリアルデータを一斉に送信する「UDP Multicast Mode」といった機能を搭載している。価格は税込31,752円。

コレガ、RS-232C機器を無線LANで使えるデバイスサーバ発売

《冨岡晶@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集