英宇宙庁、自国宇宙産業の継続成長を報告…売上高は約2兆円

宇宙 企業動向

サリー・サテライト・テクノロジー社のクリーンルーム
  • サリー・サテライト・テクノロジー社のクリーンルーム
  • 英宇宙庁、火星探査車の着陸候補地4地点を選定
  • 欧州宇宙機関の公式ウェブサイト
  • イギリス宇宙局
イギリス宇宙庁は10月9日、同国宇宙産業の発展に関する報告書「英国宇宙産業の実情と繁栄」を公表した。

報告書によると、同国宇宙産業の売上高は113億ポンド(約1兆9600億円)で、年率7%のペースで伸びている。また、同産業は3万4000人以上の従業員を抱えながら、他産業の6万5000人分の雇用も支えている。

報告書の公表に合わせて、クラーク国務大臣(ビジネス・イノベーション・職業技能省担当)は「宇宙産業はここ10年以上、継続的な成長を遂げてきた。同産業の経済規模は8年前のほぼ倍に達している」とコメント。同国は2030年までに世界の宇宙市場の1割を占めるという野心的な目標を掲げる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品