エア・インディア、デリー=パントナガル路線を開設へ…14日から

航空 企業動向

エア・インディア
  • エア・インディア
  • ATR公式ウェブサイト
  • ジム・コルベット国立公園公式ウェブサイト
インド航空大手のエア・インディアは、10月14日から、首都デリーと北部ウッタラカンド州・パントナガルを結ぶ路線を開設すると発表した。

デリー=パントナガル路線は週間4往復で運航する(運航日は火・水・金・日)。所要時間は1時間。機材はフランスATRのターボプロップ旅客機を使用。パントナガルは、インド初の農業系大学のG.B.パント農工大学があり、ジム・コルベット国立公園への玄関口としても知られる。

最近のエア・インディアは、国内6都市(西部グジャラート州のブジ、北東部アッサム州のリラバリ、テズプル、シルチャル、グワーハーティー、北東部メガラヤ州のシロン)に就航するなど、大都市(ムンバイやコルカタ)と地方空港を結ぶ路線の充実を図っている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品