マレーシアでガソリンとディーゼル油、20セン値上げ…補助金削減で財政赤字縮小

エマージング・マーケット 東南アジア

国内取引共同組合消費者行政省は、2日付けで補助金付きのレギュラーガソリン「RON95」とディーゼル油の小売価格を1リットル当りそれぞれ20セン引き上げると発表した。

値上げ後の店頭価格は「RON95」が1リットル2.10リンギから2.30リンギとなり、ディーゼルは1リットル2.00リンギから2.20リンギとなった。各地のガソリンスタンドには値上げが行われる深夜0時を前に、多くの国民がガソリンを求めて長蛇の列を作った。 

国内取引共同組合消費者行政省は、政府が進めている財政赤字削減に向けた政府補助金合理化プログラムの一環で引き上げを行うと発表。値上げを行っても今年は燃料の補助金に210億リンギ以上を割り当てることになると明らかにした。財政赤字について、今年は国内総生産(GDP)比3.5%に縮小し、2015年には同3.0%にまで縮小すると表明した。
広瀬やよい

特集