シンガポールの地下鉄新線用電力設備、明電舎が受注

鉄道 企業動向

【シンガポール】明電舎は25日、シンガポールの陸上交通庁から都市鉄道の新路線、地下鉄トムソン線(全長30キロ)向けの鉄道用電力設備を約100億円で受注したと発表した。

 車両基地と22駅の鉄道用電力設備の設計、供給、現地据え付け、試験工事を担当する。2020年完成の予定。

シンガポールの地下鉄用電力設備、明電舎が約100億円で受注

《newsclip》

編集部おすすめのニュース