無料バス「ゴーKL」、バス停を大幅増設へ マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
  • マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
観光客に人気のクアラルンプール(KL)市内の無料バス・サービス「ゴーKL」は、10月1日から「レッドライン」と「ブルーライン」の2路線にバス14カ所を新たに設置する。

「レッドライン」はKLセントラルを起点に国立博物館、マスジット・ネガラ、KL市役所、チョウキット・モノレール駅、ムルデカ広場、KTM・KL駅を通る環状線。10月からは起点がジャラン・トゥン・ラザク・バスターミナル(旧称ペケリリン・ターミナル)に移動し、バス停が21カ所に増える。

「ブルーライン」はメダン・マラを起点にメダン・トゥアンク・モノレール駅、コンコルド・ホテル、パビリオン、ブキビンタン、メナラ・ウェルド、KLそごうを通る環状線。同様にジャラン・トゥン・ラザク・バスターミナルを起点とし、バス停が19カ所に増える。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース