壁面いっぱいのデジタルアートで、自撮りをゴージャスに

エンターテインメント 話題

“Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
  • “Bloom to Shine”
 今週末9月27、28日の2日間、体に合わせて動く花やジュエリーなどを映し出すデジタルスクリーンをバックに写真を撮ることができるインスタレーションが、東京・表参道ヒルズのスペース オーに登場する。

 このイベントは、「LUX 25th Anniversary “Bloom to Shine”」と題し、ユニリーバ・ジャパンのヘアケアブランド「LUX」の日本発売25周年を記念して行われる、体験型イベント。利用は無料。

 「揺るぎない輝きをあなたに」がコンセプトのLUXのイメージカラーであるゴールドを基調にした会場に、4基のデジタルインスタレーションブースが設置される。ブースに入ると前方にあるキネクトが人体の背丈を測定し、それに合わせたデジタルアートが映し出される。約3分間、体の動きに合わせて移動するデジタルアートと自分とのコラボレーションが楽しめ、数回のシャッターチャンスもある。いわば“高機能プリクラ”だ。

 撮影した写真はLUX25周年記念のHP上からダウンロードして、FacebookなどのSNSに拡散することができる。ブースに立った体験者は正面のハーフミラーで自分のアート映像を見ることができ、それを携帯で自撮りすることも可能。

 会場中央の床に映し出された、足で踏むと水面の波紋が広がる金色の天の川のような映像は、アーティストPufumeのプロジェクションマッピングなどを手掛けるデジタルデザイン集団Rhizomatiks、ステージ上にある4基のブースのインスタレーションはユニクロのUNIQLOCKを手掛けたProjectorが制作した。

デジタルアートで自撮りを演出……特設ブースが表参道に出現

《奥 麻里奈@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース