ナイキ、最新テクノロジーの「ナイキ ズーム エア」…ポイントは“六角形”

エンターテインメント 話題

撮影者:大日方航
  • 撮影者:大日方航
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
  • ナイキ ズームハイパークロス TR
9月26日、都内でNIKE グローバルデザイナーによるプレゼンテーションが行われた。

イベントでは、最新の「ナイキ ズーム エア」を搭載した靴を紹介した。

ランニングシューズである「ナイキ エア ズーム ストラクチャー18」、アスレチックトレーニングシューズである「ナイキ ズーム ハイパークロスTR」、ウィメンズトレーニングシューズである「ナイキ ズーム フィット アジリティ」、バスケットボールシューズである「ナイキ レブロン 12」の最新プロダクトが公開された。


「ナイキ ズーム エア」特有の反発性は、高圧のナイキ エア ユニット内部に張り詰めた状態で編まれた、伸張性のある繊維が組み込まれていることから生まれるという。

衝撃がかかると、この繊維は一旦緩むが、その後すぐに元の状態に跳ね返る。これが、一歩一歩の動きを素早くこなしたいアスリートに理想的な瞬発力を実現させる。

米国本社より来日したイノベーション シニア ディレクターのシャアナ・ハナ氏は、
「ナイキ ズーム エアは、衝撃を吸収するエアバッグのようなものです。そのままだと球体のようになってしまい、靴に入れることができないので、繊維によって引っ張り薄い形状に変化させて搭載しているのです」と説明した。

ただ、いままでにも似たようなシステムは存在していた。最新の「ナイキ ズーム エア」が既存のエアと異なる点は、形状にある。

今回発売される「ナイキ ズーム エア」は、自然界で最も強いとされる六角形のクッショニングを配置している。

この六角形のクッショニングは、足圧分布図やスポーツごとのテスト結果を元に、
各スポーツにおいて最も必要とするところに配置されていて、アスリートたちは「ナイキ ズーム エア」の優れた反発感をよりよく感じることができるという。

シャアナ・ハナ氏は、「自然の知恵を生かした六角形という形状は、ただ強いだけでなく、パズルのように組み合わせやすい形状となっているので、より精密にナイキ ズーム エアを配置することができるのです」と話した。

イベントでは実際に靴が支給され、試し走りなどもすることができた。

実際に履いてみた人からは、

「走りやすくて、走っているというよりも跳ねているよう」
「動きに無駄がなくなる感じ。思ったようにターンができる」
「欲しい箇所が反発してるね、本当に」
「明日から運動します」

などの感想が聞こえた。

なお、
「ナイキ ズーム ハイパークロスTR」 は2014年10月3日、「ナイキ ズーム フィット アジリティ」は2014年10月初旬より発売予定となっている。
《大日方航@CycleStyle》