インドで低価格シェーバーに需要…オンラインショッピングブームで消費者目線重視

フィリップスが最近発売した、小さな町に住む男性をターゲットにしたエントリーモデルのシェーバーの販売状況を調査したところ、小規模都市での消費者の需要が見えてきた。エコノミックタイムスが伝えた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
フィリップスが最近発売した、小さな町に住む男性をターゲットにしたエントリーモデルのシェーバーの販売状況を調査したところ、小規模都市での消費者の需要が見えてきた。エコノミックタイムスが伝えた。

その結果、同社はそれまでのエントリーモデルより約40%価格を下げた900ルピー程度の新製品を発売するに至った。

最近のオンラインショッピングのブームに伴ない、大手家電メーカーやスマートフォンメーカー、アパレルメーカー等が消費者データの調査を行なうようになっている。

キャノンやサムスン、パナソニック、ソニーといった企業も例外ではない。
編集部

編集部おすすめのニュース