アズミン氏、マレーシア・セランゴール州新首相に就任…人事問題も一応収束へ

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
  • マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
セランゴール州スルタンから指名を受けた与党・人民正義党(PKR)のアズミン・アリ副党首(50)が23日午前、シャアラムのスルタン王宮で宣誓を行なった。

PKRから交代を促されたカリド・イブラヒム前首相が居座ったために起きた同州の首相人事を巡る混乱は、これで一応の収束に向う。

混乱に拍車をかけたのはPKRと友党の民主行動党(DAP)が推すワン・アジザ氏に対する、共闘する汎マレーシア・イスラム党(PAS)による拒否。ワン・アジザ氏阻止に成功したPASは、アズミン新首相を支持していくとの声明を出した。

ワン・アジザ氏の擁立が事実上スルタンの鶴の一声で却下された格好のPKRは、「最大の遺憾の意」を表明。立憲君主制のシステムを損なうものであり、議会制民主主義のルールに反したものだと批判した。

ただ、さらなる混乱を招きかねないとみたワン・アジザ氏はさっそくアズミン新首相支持を宣言しており、PKRはワン・アジザ氏の意向を汲んでアズミン氏を支持していくとの声明を発表した。DAPも、スルタンの意向を尊重してアズミン新首相を支持していくとの声明を明らかにした。

スルタン私設秘書であるモハマド・ムニル氏は、スルタンが当初から州首相をPKRから選出すべきと理解しており、アズミン氏がPR構成党を纏めていけると判断したものだと述べている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース