富士通テン軽音楽部、チャリティーライブを神戸で開催…雨の中を熱演

自動車 ビジネス 企業動向
富士通テン軽音楽部・チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014
  • 富士通テン軽音楽部・チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014
  • 富士通テン軽音楽部・チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014
  • 富士通テン軽音楽部・チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014
  • 富士通テン軽音楽部・チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014
富士通テンの軽音楽部は9月6日、チャリティーライブ「けいおん真夏のライブ祭り 2014」をモズライト カフェ(兵庫県神戸市)にて開催した。

軽音楽部のチャリティーライブは、通常オールスタンディングのライブハウスで行なっているが、若手部員の「何か新しいことをやりたい!」という想いから、昨年9月に神戸ハーバーランドにオープンしたライブ&レストラン「モズライトカフェ」で初開催した。

当日は、雨にもかかわらず沢山の来場者が集まり、用意した50席は最初のバンドが演奏するころにはほぼ満席となった。ステージには、ロック、アカペラ、ジャズなどの多彩なジャンルを演奏する5組が登場。座って楽しむという会場の雰囲気にあわせ、アコースティック編成での演奏を行うバンドもいた。開放的で、ステージと観客との距離が近い会場内は、終始暖かい雰囲気に包まれていた。

同社軽音楽部では、「音を通じて社会に貢献する」という考えの下、音に携わる企業として培ってきた音響技術や従業員による自主音楽活動が盛んな企業風土を生かし、音楽イベントを通じた寄付活動等、社会貢献活動に取り組んでいる。

今回も、チケット収入による収益金(総額2万720円)を、富士通テン社会貢献基金を通じて、音楽活動に取り組む福祉施設・団体への楽器寄贈など、様々な社会貢献活動に活用していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集