ヤマハ発動機、ロングストローク単軸ロボットの新製品を発売

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機・GF14XLとGF17XL
  • ヤマハ発動機・GF14XLとGF17XL
ヤマハ発動機は、サーボモータを使用した単軸ロボット「FLIP-Xシリーズ」の新製品「GF14XL」「GF17XL」を9月11日より発売する。

生産設備では、ロングストローク・高速性・高精度など、複数の条件が求められる場合があるが、ボールネジを使用した単軸ロボットはロングストロークになると最高速が制限されるという課題があった。

新製品は、サポート部品を複数配置しボールネジの振動を抑える同社独自の「最適サポート機構」により、全ストロークにおいて最高速で動作することを可能にした。

また、位置検出器には、外乱の影響を受けない、磁気式の位置検出器であるレゾルバを使用。優れた耐環境性と信頼性を実現している。

価格は最大可搬質量45kgのGF14XLが35万7480円から、同90kgのGF17XLが42万0120円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集