新生 サーブ の親会社、NEVS 社…破産を申請

自動車 ビジネス 企業動向
サーブ 9-3カブリオレ
  • サーブ 9-3カブリオレ
  • サーブ 9-3カブリオレ

スウェーデンの名門自動車メーカー、サーブ。2012年に破産申請したサーブを買収した親会社が、今度は破産を申請したことが分かった。

これは8月28日、現在のサーブの親会社、ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社が明らかにしたもの。同社は、「スウェーデン・ベーナシュボリの裁判所に、破産法の適用を申請した」と発表している。

NEVS社は2012年6月、破産申請していたサーブを買収。その後、EVメーカーに転身させる計画を発表した。EV市販までの間、サーブブランドを継続させるため、2013年12月、サーブの経営破綻から2年ぶりに、サーブ『9-3』の生産を再開した。

しかし現在、サーブのスウェーデン・トロールハッタン工場では、9-3の生産を停止中。NEVS社は資金不足により、サプライヤーに部品代金を支払えておらず、部品の供給が止まったためだ。

そして8月28日、NEVS社は破産法の適用を申請。同社のMattias Bergman社長は、「自動車大手2社と、出資を含めた交渉は継続中。今回の破産法の適用申請は、出資候補との間で続いている協議の時間を稼ぐため」とコメントしている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集