エミレーツ航空、ドバイ~カラチ線を1日6便体制へ…欧米主要都市への乗り継ぎスムーズに

航空 企業動向
カラチの霊廟
  • カラチの霊廟
  • ドバイ国際空港から飛び立つA330-200
  • ジンナー国際空港公式ウェブサイト
  • エミレーツ航空A380
エミレーツ航空は6月2日、ドバイ~カラチ線を1日1便増便し、8月1日から1日6便体制で運航すると発表した。

アラビア海に面したカラチはパキスタン南部・シンド州の首都で、国内最大の都市。エミレーツ航空は1985年の設立時からカラチ・ジンナー国際空港に就航し、同路線は過去10年で600万人以上が利用している。

増便分の発着時刻はドバイ国際空港22時35分発・カラチ1時40分着、カラチ3時10分発・ドバイ4時30分着。使用機材はエアバスA330-200型機。早朝の増便により、ロンドン、パリ、フランクフルト、トロント、ニューヨーク、ボストンへ向かうドバイでの乗り継ぎの利便性向上が図られる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース