ブリヂストンなど2社、免震設計支援ソフトを共同開発

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは5月22日、建築設計に必要な構造計算一貫ソフトウェア「Super Build/SS3」を提供するユニオンシステムと共同で、免震建物設計が容易になる支援ソフト「LAP2+t.Ver.2」を開発した。

新バージョンソフトは、「Super Build/SS3」とのデータの互換性を強化することで、従来バージョンのソフトでは実現できなかった「Super Build/SS3」からのデータの取り込みが可能となった。

これにより、従来手作業で行っていた膨大なデータ入力が省略され、設計者の入力ミスや作業負荷を大幅に軽減することに成功。また、初めて免震建物設計をする設計者でも容易に免震部材の配置検討ができ、免震建物の普及に寄与する。

新バージョンソフトは、6月から同社ホームページより無償でダウンロードできる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集