【北京モーターショー14】ジープ チェロキー 新型、2台のコンセプトカーを初公開

自動車 ニューモデル 新型車

新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
  • 新型ジープ チェロキーのコンセプトカー
米国の自動車大手、クライスラーグループのジープブランドは4月20日、中国で開幕した北京モーターショー14において、新型『チェロキー』の2台のコンセプトカーを初公開した。

新型チェロキーは2013年3月、ニューヨークモーターショー13でデビュー。先代チェロキーは、北米では『リバティ』を名乗っていた。日本では先代もチェロキーの名前で販売されてきたが、新型は北米でも、チェロキーのネーミングに回帰する。

新型チェロキーのハイライトといえそうなのが、斬新なフロントマスク。ランプを上下2分割にレイアウトし、ジープ伝統のフロントグリルと組み合わせ、新たな表情を生み出した。

搭載エンジンは、「タイガーシャーク」と呼ばれる2.4リットル直列4気筒と、「ペンタスター」と呼ばれる3.2リットルV型6気筒の2種類。トランスミッションは9速AT。ジープブランド伝統の高いオフロード走行性能を可能にする3種類の4WDシステムを設定する。

北京モーターショー14で初公開された2台のコンセプトカーは、「Sageland」と「Urbane」と命名。2014年初頭、中国市場に導入された新型チェロキーに、新たなカスタマイズの方向性を提示した。

ボディカラーは、Sagelandが3層コートの白系のアイボリーパール、Urbaneが黒系のマキシマムスチール。インテリアはナッパレザーをあしらい、それぞれがボディカラーに合わせた色合いに仕上げられている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集