【北京モーターショー14】レクサス NX 好き嫌い出るデザイン…開発主査「期待通り」

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
  • レクサス NX
中国・北京モーターショー2014で初公開されたレクサスの小型SUV『NX』。開発主査のレクサス製品企画主査の加藤武明氏は「コンセプトカーで示したデザインの方向性、開発におけるやりたかったこと、すべてやり尽くした」と仕上がりに自信を示す。

コンセプトカーから市販モデルに仕上げるにあたっては、特に全高1630mmと高さを抑えた“固まり感”にこだわったという。

加藤氏「このセグメントでは、アウディ『Q5』やBMX『X1』など1650mm付近に全高長がありましたが、開発が進むにあたってポルシェの『マカン』やBMW『X4』など1620mm付近になり、スポーティーさが増しています」。

続けて、「スポーティといっても、SUVとして低すぎてもお客様の期待値に応えられません。リアのレッグルームやトランクのスペースを確保しつつ、スポーティーに見せたいので、ディメンションにはこだわりました」と、開発におけるこだわりを話した。

コンセプトモデルや市販モデルの発表後の反響について、加藤氏「万人に受けるデザインではないので、“自分の趣味ではない”といった好き嫌いが分かれるかと思いますが、好きな人には“本当にいい”と感じて頂いているようですので、期待通りです」と語る。

ワールドプレミアの場所が中国となったことについて、加藤氏「北京の若い人のライフスタイルをいろいろ調査をしましたが、感度の高い若い方が非常に多く、この車がデビューする場所としてふさわしいという思いです」との感想を話した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集