阪神など3社、関西~大分間の「弾丸」切符発売…フェリー利用

鉄道 企業動向

阪神電鉄など3社は関西~九州間の往復割引切符「弾丸フェリー」を発売する。フェリーのほか港にアクセスするための電車とバスの切符をセットにした。
  • 阪神電鉄など3社は関西~九州間の往復割引切符「弾丸フェリー」を発売する。フェリーのほか港にアクセスするための電車とバスの切符をセットにした。
  • 関西側は阪神電車とバスで港までアクセスする。写真は神戸フェリーバスの連絡バス。
  • 関西~九州間はフェリーさんふらあが運航するフェリーを利用。往復で船中2泊、目的地での滞在時間は11~12時間で、文字通り「弾丸」ツアーとなる。
  • フェリーの部屋はツーリストクラスだが、追加料金でアップグレードすることもできる。
阪神電気鉄道とフェリーさんふらわあ、神戸フェリーバスの3社は、関西~九州間の往復割引切符「弾丸フェリー」を4月1日から6月30日まで発売する。

神戸高速線を除く阪神線各駅から御影駅まで阪神電鉄の列車、御影駅から六甲アイランド港まで神戸フェリーバスの連絡バス、六港アイランド港から大分港までフェリーさんふらわあが運航するフェリーを利用できる。阪神線各駅から大分まで往復する「阪神版」と、大分から阪神電鉄各駅まで往復する「大分版」の2種類が発売される。

有効期間は4月1日から6月30日までの出発日から連続する3日間だが、阪神版は4月20日、5月2~4日、6月1日、大分版は4月19日、5月1~5・31日が、それぞれ出発日から除外される。船中2泊・現地0泊・現地滞在11~12時間の行程で、文字通り「弾丸」ツアーとなる。

発売額は出発日によって異なり、金・土・休日・祝前日が1万円、それ以外の日が1万2960円。フェリー内のレストランで利用できる「お食事補助券」(500円)などの特典が付く。フェリーの部屋はツーリストクラスだが、追加料金でアップグレードすることも可能。大阪難波駅から大分港までアップグレードせずに往復した場合、通常の往復運賃(1月31日時点で2万1900円)のほぼ半額になる。

「弾丸フェリー」は2013年3~5月期に初めて発売。同年9~11月期にも発売されており、今回で3回目の発売となる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集