フリースケール、クルマとガレージをつなぐ実装実験「Intelligent Garage」を発表

自動車 ビジネス 企業動向

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(webサイト)
  • フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(webサイト)
  • SUPER GT(参考画像)
フリースケールは、2014年OGT!Racingにおける実装実験のテーマ「Intelligent Garage」を発表した。

同社は2012年より車載向け次世代ドライバ・アシスト・システム(ADAS)ソリューションの実装実験を様々なパートナー企業や大学関係者と協働で実施。2013年は、量産車ベースのレースとしては国内最高峰のSUPER GTにおいて、車両情報や運転者情報、およびそのデータ転送など、各種実装実験を行ってきた。2014年はこれまでの成果を発展させ、車とガレージをつなぎ車両の自己診断とその情報をフィードバックする機能を追加し「Intelligent Garage」のモデルを構築する。

「Intelligent Garage」は走行中に取得した車両情報や運転者情報をガレージにて自動的にサーバに転送し、データを解析、それぞれ関係各所へフィードバックする。この情報を活かすことで近い将来、カメラ監視による盗難防止や運転者に合わせたエコドライブの提案など、新たなサービスに繋げていきたいとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集