デアゴスティーニ、週刊「日本の名車」1月4日より発売

モータースポーツ/エンタメ 出版物

デアゴスティーニ・ジャパンは、日本のモータリゼーションを彩る数々の名車を詳細なデータと美しいビジュアルで解説する週刊「日本の名車」を、2014年1月4日より書店および同社ホームページで発売する。

週刊 日本の名車は、自動車の歴史に名を刻む名車を毎号取り上げ、その特徴や性能、開発ストーリーから改良の歴史、歴代車種の変遷に至るまで、当時の貴重な資料を交えながら解説する。また、歴代の名車の美しいフォルムやディテールを迫力ある写真ギャラリーで紹介。名車の魅力を様々なテーマで掲載しする。

同シリーズは、歴代の名車を毎号5~8車種ずつシリーズ合計1100車種以上を紹介。日産『スカイライン2000GT-R』(1969年)、トヨタ『2000GT』(1967年)、日産『フェアレディZ』(1969年/初代)、マツダ『R360クーペ』(1960年)など、世界に誇る国産車の全てを完全網羅していく。

誌面では、各車の特徴や性能のほか、歴代車種をシリーズとして分類し、その変遷を相関図でわかりやすく紹介したり、年代やメーカーによって掘り下げた情報を紹介したりする章など、名車を様々な角度で紹介。ビジュアル、貴重な資料も豊富に取り入れ、読み応えのある内容となっている。

全100号、創刊号特別定価290円(税込)、2号以降は通常定価562円(税抜)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集