ZMP、頭部電位センシングパッケージの販売開始

自動車 ビジネス 企業動向

頭部電位センサZMP Fp1Electrometer-Z
  • 頭部電位センサZMP Fp1Electrometer-Z
  • 走行実験の様子
  • 走行実験の様子
  • モニタリングソフトウェア画面
ZMPは12月4日、頭部電位センサとカメラによる「頭部電位センシングパッケージ」の販売を開始した。

新製品は、前頭部に取り付けて電位を計測し脳波の推定が可能な頭部電位センサと、USB カメラで構成。頭部電位センサは、ヘッドバンドにより電極を被験者の前頭部(額部)に取り付けて電位を計測する方式(ドライ式)のセンサで、被験者の脳波および、緊張度、リラックス度の推定が可能となっている。

センサのデータは無線(Bluetooth)でパソコンに送信され、USBカメラからの映像と同期して記録される。緊張度、リラックス度の指標は、カメラ映像にリアルタイムにオーバーレイ表示することも可能。例えば、カメラをクルマの前方に向け取り付け、センサをドライバーに装着し、車両や歩行者の接近時における、ドライバーの感じ方の変化を映像とともに把握するなど、安全運転支援技術の研究開発に活用できる。

価格は、頭部電位センサとカメラがセットとなった「頭部電位センシングパッケージ」が19万9500円、頭部電位センサ単体が18万9000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集