【ユーロNCAP】日産ノート 新型、4つ星…最高評価に届かず

自動車 テクノロジー 安全

ユーロNCAPの新型 日産ノート の衝突テスト
  • ユーロNCAPの新型 日産ノート の衝突テスト
  • ユーロNCAPの新型 日産ノート の衝突テスト
  • ユーロNCAPの新型 日産ノート の衝突テスト
  • ユーロNCAPの新型 日産ノート の衝突テスト
欧州で唯一の公的機関による衝突安全テスト、ユーロNCAP。そのユーロNCAPは11月27日、日産自動車のコンパクトカー、新型『ノート』の衝突安全テストの結果を公表した。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で実施される衝突テスト。

2009年2月、ユーロNCAPは新評価システムを導入。評価の割合に応じて、ポイントが配分されるのが特徴だ。

例えば、最重要視される「成人乗員保護性能」には、ポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分する。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価が90ポイント以上必要とされている。

新型日産ノートのテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能は31点。前面衝突では、運転席のダミー人形の左右大腿部、助手席ダミー人形の左大腿部への傷害レベルが、5段階評価で上から3番目の「MARGINAL」。同様に、むち打ちの可能性を判定する追突想定テストもMARGINAL。これ以外の部位や側面衝突、ポール衝突は総じて良好な結果。

また、子ども乗員保護性能は41点。歩行者保護性能は21点、安全補助装置の有無は6点。

この結果、新型ノートの合計ポイントは99点。総合評価は最高の5つ星を逃し、4つ星に終わっている。ユーロNCAPは、「前面衝突時、乗員の体格やシート位置によっては、ステアリングコラムやセンターコンソールが傷害を与える可能性がある」と指摘。さらに、「歩行者保護の観点から見れば、フロントボンネットの形状に課題がある」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集