ジェイテクト、トルセンの摩擦制御技術が文部科学大臣発明奨励賞を受賞

自動車 ビジネス 企業動向

ジェイテクトは、トルク感応型LSDであるトルセンの摩擦制御技術の開発が、2013年度近畿地方発明表彰で「文部科学大臣発明奨励賞」と「実施功績賞」を受賞したと発表した。

トルセンは、特殊なギヤ構造により、自動車の前後輪や左右輪へのトルク配分を走行条件に応じて瞬時に最適化するトルク感応型駆動力配分装置。既に様々な車両に搭載されている。

自動車の安全性や走行安定性の向上を求めるの高まりで、世界的に四輪駆動車の重要性が再認識されつつある。同時に、高い静粛性も求められている。

同社が開発した摩擦制御技術は、トライボロジー技術を核とした技術で、トルセンの信頼性と静粛性を向上した。トライボロジーを基盤とする自動車部品の新技術として画期的で、今後の発展に期待できるとして受賞した。

開発品は実用化されており、ハイブリッド四輪駆動車などに採用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集